クレンジングの種類とその特徴

クレンジングの正しい選び方を知る前に、まずはクレンジングの種類とその特徴についてお話します。

 

種類

 

普段多くの女性が利用しているメイク汚れを綺麗に落としてくれるクレンジング製品には様々なタイプがあります。

 

肌質によって合うタイプが異なってきますので、ご自身にあった最適なクレンジング製品を見つけることが必要です。

 

クレンジン具の主な種類は多岐に渡る

クレンジングの主な種類はジェル、ミルク、オイル、クリーム、ローション、バーム、拭き取りシートなど多岐に渡ります。

 

ちなみに当サイトで紹介しているDUOザクレンジングバームはその名の通りバームタイプのクレンジングになります。

 

では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

タイプ別に特徴をまとめた表が下記になります。
種類

 

一つずつ、特徴をまとめてみました。

 

ジェルクレンジング

ジェルタイプのクレンジングはベタつきがなくサラッとした使用感でメイク汚れになじみ水で流せば、肌にぬるつきが感じられないメリットがあります。

 

反面デメリットとして洗浄力が高く洗い上がりの肌がつっぱりやすくなったり、乾燥しやすくなる特徴があります。

 

ミルククレンジング

ミルクタイプのクレンジングは保湿効果が高いため、メイクオフをしても肌がつっぱりにくくなり洗い上がりもしっとりとした状態に仕上げることが出来ます.
乾燥しやすい皮膚をお持ちの方などにお薦めです。

 

しかし人によっては水で洗い流しても肌がベタついているように感じる場合があり、洗浄力も弱いためきちんとクレンジングをしないとかえって肌が荒れる原因となります。

 

オイルクレンジング

.オイルタイプのクレンジングはは濃いメイクなどもなじませるだけで簡単にメイクオフをすることが出来るなど洗浄力が高いというメリットがあります。
皮膚を擦ることなくメイク汚れがスルッと落とせますし、洗い上がりのベタつきやぬるつきなどの不快感を感じることが少なくすっきり感があるのが魅力的です。

 

しかし高い洗浄力により人によっては洗い上がりにつっぱりを感じ皮膚が乾燥しやすくなってしまう恐れがありますので保湿ケアが必須です。

 

クリームクレンジング

クリームタイプのクレンジングはコールドクリームなど、昔から愛されてきたクレンジングです。

 

使用方法はメイクした顔の上から適量のクリームを乗せて優しくマッサージすれば、クリームに含まれている油分がメイク汚れに馴染みやすくなりますのでスルッと汚れが落とせます。

 

水だけでは油分が落としきれないので、水洗いの前にティッシュオフでクリームを落としておくとベタつきを多少軽減させることが出来ます。

 

ローションクレンジング

ローションタイプのクレンジングははコットンにクレンジングローションを含ませて、顔全体を拭き取るタイプです。

 

ベタつきも無くサラッとしているので使用しやすいですがメイク汚れをしっかり落とそうとして擦りすぎる危険がありますので、使用する際には注意が必要です。

 

化粧水感覚で利用することが出来ますし、W洗顔や化粧水が不要だったりするのもこのローションタイプに多いので、時短ケアをしたい方にこのタイプは向いています。

 

バームタイプクレンジング

バームタイプのクレンジングはオイルクレンジングとミルククレンジングの両方のメリットを持つクレンジングで優れた洗浄力かつ保湿効果も持つクレンジングです。

 

見た目はバターみたいな固形タイプですが、肌に馴染ませるとオイルのようなテクスチャーで肌に馴染みますが、オイル程テクスチャーは緩くない為、垂れてくるという心配もそれほどなく使いやすいクレンジングです。

 

拭き取りクレンジングシート

拭き取りクレンジングシートシートは予めコットンにクレンジングローションが一体になっているタイプで、クレンジングローションと使用感はあまり変わりません。

 

ただコットンを別に用意する必要が一切無く、帰宅してすぐにメイクオフを行いたい場合などにこの拭き取りシートを利用すれば、自宅以外でも好きな場所で簡単にメイクオフを行うことが出来ます。

 

そのためメイク直しをしっかり行いたい時などに携帯用で持ち歩く方も多くなってきています。

 

拭き取りタイプなので力を入れて擦ると皮膚に負担がかかるので注意が必要です。

 

以上、クレンジングの種類とその特徴でした。

クレンジングの正しい選び方

では次に本題であるクレンジングの正しい選び方をまとめました。

 

種類

 

クレンジングの正しい選び方はまさに自分の肌に合うクレンジングを見極めることです。その為には自分の肌と向き合うことが大切となってきます。

 

日中お肌が良くテカるからと、自分は脂性肌と思い込んでいる方も少なくはないはずです。

 

(そんな私も脂性肌と思いきや、デパートのコスメカウンターで見てもらうとインナードライと診断されました)

 

コスメカウンターでの肌診断がおすすめ!

おすすめは、デパートなどのコスメカウンターで肌診断をしてもらうことです。

 

肌診断では、油分量と水分量を測定してくれるので、自分の肌の状態が数値化されどんなクレンジングやお化粧品を選べばいいのか判断できます

 

また、同じタイプのクレンジングでも配合されている成分により自分の肌に合う合わないがでてきます。

 

私の肌も、同じバームタイプのクレンジングでも、DUOザクレンジングバームは吹き出物など出ずとても相性が良かったのですが、RMKのクレンジングバームは使用後顔中に吹き出物がでてすぐに使用をやめた経験があります。

 

いまだクレンジングジプシーの方は、ご自身の肌を観察し、いろんなクレンジングを試し比べてみて自分に合う最適なクレンジングを見つけて見て下さい。

 

DUOザクレンジングバームの口コミ・レビューに戻る