正しいクレンジング方法

正しいクレンジング方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

正しいクレンジング方法のポイントをまとめましたので、是非参考になさってください!

 

DUOザクレンジングバーム,方法

 

正しいクレンジング方法のポイント

 

正しいクレンジング方法は、手を清潔な状態にしておくこと、素早さ、しっかりと洗い流す、この3点が重要となってきます。

 

それぞれの重要点のポイントを下記にまとめましたので、クレンジングの際の参考にしてみて下さい。

 

まずは手を綺麗にあらいましょう

手が汚いままだと、せっかくのクレンジング剤のクレンジング成分が手の方に効果が発揮されてしまいます。

 

手の汚れを落とし、肝心のメイクをしっかり落としきれず、その落としきれなかったメイクで乾燥や肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

まずは、綺麗に手を洗うことから始めましょう。

 

たっぷりのクレンジング剤で丁寧に素早くメイクと馴染ませましょう

クレンジング剤はケチらずたっぷり使いましょう。

 

クレンジング剤が少ないとその分肌を摩擦してしまい負担がかかってしまいますので適当な量で優しく丁寧にメイクと馴染ませましょう。

 

ただしその時間は1分程度で!

 

また、顔の中でも皮脂分泌の多いTゾーンからクレンジングしていくと良いでしょう。

 

なお、落ちにくいアイメイクやポイントメイクは専用のリムーバーを使いきっちりと落としましょう。
メイク汚れがお肌に残ったままではくすみの原因となってしまいます。

 

ぬるま湯でよく洗い流しましょう

洗い流す際のお水は、冷たくても熱くてもいけません。

 

冷たいお水だと油が落ちきらず、熱いお湯だと肌の水分が奪われ乾燥してしまう結果になります。

 

そして洗い上がりは、清潔なタオルを顔に押しつけるような感覚で水分をぬぐって下さい。ここでも決してこすらないのがポイントです!

クレンジングでしてはダメなこと!

逆にこれだけは絶対にしないで!というクレンジングを行う際にやってはダメなことを調べてみました。

 

汚れた手のままクレンジングをしないこと!

メイク落ちが悪くなるため汚れた手でクレンジングしないことです。

 

先に述べた通り、汚れた手でクレンジングを始めることはクレンジング剤の洗浄成分が手の汚れにまず反応するためメイクの落ちが悪くなってしまうのです。

 

クレンジングの前はまずは手を洗い清潔な手でメイクを落とすことが大切です。

 

肌をこすらないこと!

急いでメイクを落としたい場合やしっかりとメイクや汚れを落としたいと考えて強く擦りながらクレンジングすることは肌のバリア機能の低下や肌を乾燥させてシワを作る要因になります。

 

しっかり落としたい気持ちから肌を強く擦ると肌のバリア機能を低下させて潤いが逃げやすくなります。
まぶたなど目の周辺は皮膚が薄い部分で強く擦ると目の周辺に小じわなどを作ってしまうのです。

 

肌にダメージや負担を与えないようにメイクなどを落とすことが必要です。

 

クレンジングに時間をかけすぎないこと!

肌をこすらないということもそうですが、クレンジング剤は決して肌にやさしいものではないので、長時間肌の上にのせたままにしておくと乾燥や肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

クレンジングは丁寧に優しくかつすばやく落とすことが大切です。

 

DUOザクレンジングバームの口コミ・レビューに戻る